RECRUIT

採用情報

MESSAGE

AIMには全く新しい価値を 提供できるチャンスがある

製品開発部門

システムデザインチーム

鈴木健一郎さん

自ら積極的にプロトタイプを作るほど
モノづくりが好き

鈴木健一郎さん

前職は、医療機器のメーカーにて、システムエンジニアとしてレントゲンの撮影装置やオンプレミス/クラウド型の医療画像管理システムなどのソフトウェアの開発を10年ほど手掛けていました。業務の内容は、ソフトウェアのプロセスである要件定義、仕様設計、ユーザービリティ設計などですね。企画や営業と一緒になってプロダクト開発に携わっていました。その後は新規事業として、提携している企業や大学と協力しながら新しいビジネス開発などに取り組んでいました。それは面白かったのですが、もっと技術者としてプロダクト開発に関わってキャリアを歩んでいきたいと思い、転職を検討しました。転職先を検討する中でポイントになったのは、まだ成熟していない新しい分野や新しい技術を駆使し、新しい価値を世の中に提供できるかどうかといった点です。というのも、昔からプロダクトとして言われたものを作るというよりも、新しい技術がでてきたらその技術を試し、潜在的なユーザニーズを探索し、新しいソリューションを提供できないかと考えていくことが好きだったからです。会社に内緒で勝手にプロトタイプを作るぐらいでしたから。新しいビジネスに関わっていくことになっても、しっかりとユーザに新しい未体験の価値が提供できる、全く新しいプロダクトの開発に携わっていきたい、そのポイントを転職先選定において重要視しました。

AIMにはビジネスチャンスがある

鈴木健一郎さん

転職先の中からスタートアップであるAIMを選んだ理由としては、これまでのスキル・経験が活かせる点と、各医療機関と広く深い関係性を持っていた点です。というのも、AIでビジネスを展開する場合、正確性の観点から質が高い、かつ大量のデータを保有できるかが鍵となります。そのためには、多数の医療施設や機関とのコネクションを持ち、データを取得しやすい環境が必要不可欠です。その点AIMは、代表の多田がそもそも医師ですから、医療や業界慣習の知見がありますし、各医療機関との関係値も構築できています。これは他の業種と比較しても、AI×医療のビジネス展開において、大きなアドバンテージがあるのではないかと考えました。そこであれば新しいビジネスの可能性が高く、個人的にもユーザ様にこれまでと全く新しい体験価値が提供できる、大きなチャンスがあるのでは思い、入社の意思を決定しました。また、画像認識や画像処理を個人でもやっていましたから、ここAIMならAIに関してさらなる技術知見を深めていける、さらにはスタートアップならではの0→1にチャレンジできる環境だと考えたからです。

病理判断をサポートするという使命感

鈴木健一郎さん

私が所属しているのはシステムデザイングループ。ユーザー様にご利用いただくため、自社で研究開発したAIモデルを効果的かつ安全性の高いプロダクトへと、昇華させる業務を担っています。上流工程から基本設計を行い試験してフィードバックなど、プロダクトとして実現化していくまでを担当しています。時には医療関係者からプロダクトの使用感や使い心地といった、具体的なフィードバックをいただきながら、より良いプロダクトを目指しています。

医療関連の事業は、有効性と安全性を担保する必要があるため、シビアなプロダクト設計が求められます。特に病理診断をサポートするためのプロダクトになるわけですから。しかしながら、仕組作りから携わることができるAIMだからこそ、価値あるプロダクト開発に寄与できると自負しています。

RECRUITMENT

エンジニア、薬事、管理部門など、様々なポジションで一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
募集中のポジションはこちらからご確認ください。

PAGE TOP