RECRUIT

採用情報

MESSAGE

魅力は裁量を持って いろいろなことに チャレンジできる 環境があることです

研究開発部門

AIデータチーム

猪野 亜妃子さん

技術とニーズを上手くつなぎ
良いものをつくりたい

猪野 亜妃子さん

大学は工学部で情報工学系でした。そのときにOCTの装置を研究していて、医療機器にOCTを搭載する産学連携のプロジェクトにアサインされました。そこに来ていた社会人の方があまりコミュニケーションが上手ではなく、「自分だったら、ものづくりの現場でもっと上手く技術とニーズをつなぐことができそう」と思い、技術営業やマーケティングの方面で就職しました。

ところが、就職した先では求める職種がなく、いろいろ悩んだ結果、外資系医療機器の会社へ転職をしました。そこではプロダクトマネージャーとして、担当プロダクトの拡販をおこなっていました。仕事には満足していたのですが、「外資系だとものづくりには携われない」と思い次の会社へ転職しました。そこから3社ほど経験をしたのちに弊社と出会い、正直なところ当時は業務内容について、本当の意味で理解できていませんでしたが「AIの医療機器を作ることに貢献できる」ことや「自分を評価してくれてオファーをいただいたのだから頑張ってみよう」という思いで飛び込みました。

やっぱり医療業界が楽しいと思った

猪野 亜妃子さん

いろいろな業界を経験して思ったのが、やはり「医療業界」が楽しいなと。理由は大きく2つあります。1つは、医師は会社員ではなく、病院でも独立した存在であることで一般の会社員のように会社の看板で仕事をしている人はほとんどいません。ですので、私が訪問してもビジネスにおける杓子定規なやりとりではなく、それぞれが一個人として接してくれて、人間らしいお付き合いができます。たまにこういったことが苦手な方もいますし、私自身も難しいと感じる時もありますが、楽しんで取り組むことができています。

2つ目は、単純に人の体の構造について興味を持てることです。以前、CADのソフトウェア営業の経験をしたことがあるのですが、その際はいろいろと覚えることがあり、なかなか頭に入ってこなくてとても苦労しました。AIメディカルサービス(以降、「AIM」)でも覚えることは多いですが、体のことなので興味を持ちながら地道に学んでいます。今でも自分の知らなかったことを発見すると、嬉しくなったりします。

縁の下の力持ちがAI開発を支えている

猪野 亜妃子さん

現在私のチームは共同研究先から頂いた医療画像データのアノテーションをおこなっています。具体的には、医師より提供頂く医療画像データを確認して、どこが悪い部分なのかマーキングしたり、何千という症例があるうちの、この症例はどれに該当するものなのかを医師の方へ確認したりと、AIが学習するためのデータ(学習データ)作りをおこなっています。膨大な数のデータをミスなく、コツコツと地道におこなう作業なので、正直かなり大変な作業ですし、向き不向きもかなりあると思います。ですが、そのような業務の結果、初めてAIが学習をすることができ、結果として製品の開発につながるのです。つまり、私たちのような存在が縁の下の力持ちとしてAI開発を支えているのです。

そのような地道な作業もありながら、やっぱりAIMの魅力は「裁量を持っていろいろなことにチャレンジできること」だと思います。普段業務を行っている中で課題に感じることについて「こういうことが必要だと思うからこれやります」という提案に対してはとても寛容に受け止めてくれて任せてくれることが多いです。もちろん、会社として、あるいは業務やフローとして、まだまだ未完成な部分があるからなのですが、このような感じで自分次第でチャンスはたくさんある会社だと思います。

RECRUITMENT

エンジニア、薬事、管理部門など、様々なポジションで一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
募集中のポジションはこちらからご確認ください。

PAGE TOP