INFORMATION

お知らせ
NEW

2021 / May 31

MEDIA COVERAGE

「Medical Practice 2021年6月号」に掲載

2021年6月1日に株式会社文光堂より発刊される「Medical Practice 2021年6月号(38巻6号)」に、AIメディカルサービス代表取締役CEO・多田智裕の座談会や投稿が掲載されます。

上部消化管疾患 上部消化管疾患診療の最近の進歩にて、「消化管疾患の最近の傾向と診断・治療に対する今後の医療─AIの役割は?─」と題して、山内敏正先生、増田幹生先生、小田島慎也先生、弊社代表取締役CEO多田智裕の座談会及び、「AIによる消化管腫瘍に対する内視鏡診断」にてこれまでの研究の成果やセルフアセスメントテストを掲載しています。

 

「消化管疾患の最近の傾向と診断・治療に対する今後の医療─AIの役割は?─」

消化器疾患の最新の傾向として、ピロリ菌陰性時代の非腫瘍性疾患、腫瘍性疾患について語られています。また、高齢者社会における消化器疾患とその治療、新型コロナウイルス感染症と消化器疾患への診療など最新の診療状況について触れています。また、消化器疾患に対する今後の医療として、上部消化管がん内視鏡健診の問題点とAIの現状と未来について、そしてAIが消化器疾患への診療にもたらす影響について議論が行われています。

出席者

 山内 敏正先生(東京大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科学 教授)

 増田 幹生先生(共和堂医院 院長)

 小田島 慎也先生(帝京大学内科学講座消化器内科学 准教授)

 多田 智裕(株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO)

 

「AIによる消化管腫瘍に対する内視鏡診断」

各学会でAIをテーマにした演題が採択されるなど、”医療AI”への期待が高まってきている.株式会社AIメディカルサービスでは、上部消化管を対象とした内視鏡診断の支援をするAIを開発しており、その経緯及び研究開発状況について言及しています。

 

詳細はこちら

gastroAI Online

「Medical Practice 2021年6月号」に掲載されました

https://ai-ms.com/online/news/595/

 

購入はこちら

文光堂 医学・看護学書出版

Medical Practice  2021年6月号(38巻6号)

上部消化管疾患 上部消化管疾患診療の最近の進歩

https://www.bunkodo.co.jp/magazine/00D7BQH8CN.html

 

お問い合わせはこちら

株式会社 AIメディカルサービス | AI Medical Service Inc.

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目18-1 Hareza Tower 11F

メール:メディア等の方 pr@ai-ms.com、医療機関の方 ask@ai-ms.com

URL:https://www.ai-ms.com/

PAGE TOP